うつ病になってから悪口が多くなり、誰かと会ってもひたすら愚痴ばかりになってしまっていますね。

他人の事を妬み、自分はどうしてこんなに人生がうまくいかないのかイライラしてしまうのです。

余裕がない時は、友人や家族にも攻撃的になってしまうことがありますね。

特に家族には家の中で言いたいことをお構いなしに言ってしまうので傷つけてしまったことでしょう。

うつ病の人は悪口や愚痴ばかり

私はうつ病ですが、普段から悪口や愚痴ばかりで周りからみたら痛い人間です。

とりあえず否定しないと気が済まなくって一人でいる時は独り言でひたすら他人の全否定を繰り返していますね。

誰かと一緒にいるときでも愚痴が多くなりがちで、やはりうつ病だと劣等感もありますし、悪口が多くなるのでしょうか?

私の周りには引きこもりやニートがいますが、同じように僻みや愚痴が多く、聞くに耐えられないことがありますが、自分の愚痴も同じように相手に聞こえているんですよね。

余裕がないから相手を否定しないと自分が優位に立てないのです。

スポンサーリンク



劣等感のせいで悪口が止まらない

劣等感が強くなればなるほど悪口が止まらなくなります。

正社員で働いていた頃や高校生の時は、そこまで悪口も多くなかったのですが、引きこもりや無職になると劣等感のせいで悪口が趣味になってしまうのです。

自分でもここまでひねてくれていることが自覚できてしまっていて、まだ自覚できるだけマシなのではないかとも思ったりしてしまいますね。

自分の現状を直視できずキレる

うつ病になってからキレやすくもなりましたね。

今の自分の現状って言うのが子供の頃に描いていた理想とは程遠く、情けない自分が辛いのです。

なぜこのような事態になったのか、自分で自分の責任を認めることができずに、親や環境のせいにせざるを得ません。

そしてあまりにも理想的な人生を送っている人間との差に絶望してしまい、怒りに変わってしまうのです。

友人にも攻撃的になる

こんな情けない自分にも会ってくれる友人がいるのですが、やはり自分の性格が悪すぎるのか友人にも攻撃的になることもあります。

やはりリア充的な話を聞くと、もう聞く耐えられず自分にとってはそれは辛すぎる状態なのです。

特に想い出話のような話だと、自分は蚊帳の外になってしまい、あまりにもの人生の質の違いにイライラのボルテージが溜まってしまいます。

家族にはひどい口調で言いまくる

家の外だとまだまだ愚痴や悪口は自制できているのですが、家の中だと他人の目がありませんから、言いたい放題です。

特に両親のせいでこんな人生になったのだ、という想いが強いので、親には一時期キレまくっていましたね。

浪人していたころは、実家に住んでいるにも関わらず半年以上も親と口を聞かなかったですから。

だからこそ何事にも無関心で楽観的な両親には見ているだけで怒りが湧いてくるのです。

スポンサーリンク



うつ病になったのは親のせいだと思ってる?

うつ病になったのは、自分の持病や自分が経歴のせいなのですが、どちらも恵まれた環境であるのならば起こり得なかったことなんですよね。

眼の持病があるのですが、これも実家の証明が薄暗いことが原因で起こりましたから、綺麗で明るい家ならば起こらなかったことです。

また両親共に偏差値の低い高校で高卒なので、自分のIQもやはり低いですし、勉強をやっても無駄だったのです。

というより勉強をしたことによって眼を酷使しすぎて、私は眼の病気になってしまって、持病になってしまいずっと苦しんでいるんですから。

そしてこれらの「眼の弱さ」、「家の老朽化による環境が劣悪」、「親とのコミュニケーションが子供の頃からない」など、私が社会不適合者になった要因はたくさんあります。

家の老朽化は言い訳に聞こえるかもしれませんが、私は重度のアレルギー体質で古い家だとアレルギー症状が出てしまうのです。

実際に今は新築のマンションに住んでいますが、全くアレルギーの症状が出ませんから、私にとって環境は非常に大切でQOLが大きく変わってしまいます。

結局は綺麗な家で普通の大卒サラリーマンの家庭で、普通に親が自分と対話できるような家庭だったのならば、人生が180度違ったと思わざるを得ないのです。