私がうつ病が悪化したきっかけは「転職」と「一人暮らし」ではないかと考えています。

田舎の会社に転職して一人暮らしを始めて別人のような性格になってしまったんですよね。

その会社は3ヶ月休職したのちに、退職をしたのですが、社長と揉めてしまったこともあり、それが原因でうつ病が重度化してしまいました。

仕事選びの重要性を痛感しましたね。

うつ病の悪化のきっかけは転職と一人暮らし

私は18歳からうつ病なのですが、22歳の時に回復して、かなり軽度なレベルにまで改善していました。

24歳の時に田舎の山奥に引っ越して、その近くの会社に転職したのですが、その田舎に引っ越してから、一気にうつ病の症状が再発してしまって、悪化していったんですよね。

まず会社の人間関係が異常すぎて、心が壊れてしまいました。

上司のSさんは人間性に問題がありすぎて、私は追いつめれるような事が多かったです。

今までで初めて、あんな異常な人を見ましたね。

また初めての一人暮らしだったのですが、ホームシックや地元シック状態になってしまって、これも落ち込んでしまう原因の1になりました。

会社に適応できず、一人暮らしにも適応できないことで、私はうつ病が悪化して、性格が激変してしまったんですよね。

スポンサーリンク



田舎の会社に勤めてから怯えるような性格に

田舎の会社に勤めるまではうつ病は軽度にまで回復していたので、明るい社交的な人間性だったのですが、田舎に行ってからは別人のように怯えるような性格になってしまいました。

その田舎の全てが怖くなってしまって、その田舎の人間が信用できなくなってしまったんですよね。

地元に帰りたい、実家に帰りたい、と強く願うようになって、すぐに「帰りたい…」と口ずさむようになっていました。

ネットで検索する時もいつも自分の地元のことばかり調べてしまって、泣きながらニュースを見ていましたね。

3ヶ月も休職している間は逃げ惑うかのように

うつ病が悪化し過ぎて会社に行く気力が完全になくなってしまったので、電話で休職したいことを申し出ました。

そしてそこから3ヶ月間も休職したのですが、その間は会社の人間にだけは絶対に出会わないようにしていましたね。

ど田舎で人口が少ないので、外に出ていれば、会社の人間と出会う可能性が極めて高いのです。

なのでアパートの中に閉じこもって、会社の人間から逃げ隠れするように生活していました。

何も悪いことはしていないので、堂々としていれば良かったのですが、そんな余裕が全くなかったんですよね。

社長の引き止めが強すぎた

3ヶ月も休職したので、すんなり会社を辞めさせてくれるのだと思っていたのですが、社長から尋常ではないほど引き留められました。

「話が違う」「定年まで働いてほしい」と言われ、私は怯えながら、「辞めます」と連呼し続けました。

1時間ぐらい社長室で「辞めたい」と連呼し続けた結果、社長や部長も納得されて、退職することができました。

しかしこの引き留めが、トラウマになってしまっていて、再び正社員で働こうという気持ちになることがもうできません。

仕事選びは適当ではいけない

私はこの田舎の会社に就職する時は、何も考えずに適当な気持ちで入りました。

しかしやはり仕事選び、会社選び、は慎重でなければならないと思います。

私は軽い気持ちで介護職を始めて、軽い気持ちで田舎の会社に就職しました。

しかし振り返ってみれば、介護職も田舎の会社も、嫌な経験しかなくって、どちらもうつ病にとって悪いものだったのです。

自分がやりたい仕事を選び、しっかり就職活動をしないと、納得する結果は得られないものなのでしょう。

スポンサーリンク



引っ越したら環境の変化でうつ病になりやすい?

私は現在は東京に住んでいるのですが、東京に引っ越した当初も、うつ病が悪化したんですよね。

なぜ嫌な会社を退職して田舎から抜け出し都会に来たのに、うつ病が悪化したたのか考えてみると、「環境の変化」が原因になっているのだと確信しました。

上京するというのは、簡単そうに見えますが、地元から遥かに離れた場所で、一人暮らしをするわけですから、やはりそれがストレスになってしまうのです。

引っ越して最初の1ヶ月ぐらいは、うつ病が田舎にいたときよりも悪化してしまって、東京にきたことを後悔していましたからね。

まあ今は、東京の生活にも慣れて、うつ病の症状もなくなってきています。

環境の変化は、精神的な負担が大きいことを、知っておいてくださいね。