うつ病で友達や知人が少ないので、これ以上友達を減らしたくないという気持ちがあって常に他人の評価を気にしてしまいます。

仕事中も嫌われたくないので、周りの目を常に気にしてしまうんですよね。

周りを気にしてばかりだと仕事とに集中しにくくなりますから、仕事ができず逆に馬鹿にされて孤立してしまうんですけどね。

こんな性格なので復職は難しい部分があります。

うつ病で友達や知人が少ない

うつ病になってから引きこもりになってしまったので友達も激減してしまい、連絡をとる人数はほんの数人しかいません。

家にいるので社会と繋がっていないこともあり知人も少ないんですよね。

ナイーブな性格なので友達や知人が少ないことに対して落ち込んでしまって人間関係に自信が持てないんですよね。

そして友達が少ないことにより新しい人間関係でも「嫌われたくない」という想いが強くなってしまい、相手の顔色を伺ってしまいがちになってしまうんです。

スポンサーリンク



他人の評価を気にしてしまう

他人から嫌われたくないので、他人からどう見られているのかばかり考えてしまい、本当にしなければならない勉強や仕事に集中ができません。

勉強や仕事ができないと馬鹿にされたり迷惑をかけたりしてしまって他人の評価が下がってしまうので本末転倒なんですけどね。

周りの目ばかり気にしていたら、それだけに疲れてしまって、何も得られるものがなく、落ち込んでしまってうつ病を悪化させることにもつながります。

仕事中も周りが気になる

仕事中も周りが気になってしまうので、業務に集中できずに仕事が遅くミスが増えます。

集中力は元々ないのですが、それは周りが気になってしまうからなんですよね。

自分に自信がないから周りの目を極端に恐れてしまっているところもあると思います。

容姿、行動、発言など、これらに自信がないからこそ、周りばかりみてしまって、常に他人を意識してしまい余裕がなくなります。

仕事ができないから嫌われる

仕事ができないので結局のところ嫌われてしまうので、周りの目を気にしてもしょうがない部分があります。

仕事ができるようになれば良いのですが、生まれもっとIQが低いので難しいんですよね。

すぐに馬鹿にされるような人間なので、周りに対して恐怖心がありますから、気にしたくなくても気にしてしまうんですよね。

スポンサーリンク



復職してもキョロキョロして苦しいだけ

私は現在は自営業なのですが、ほとんど誰とも関わらずに仕事をしています。

誰かと関わってしまうと、その人の評価ばかりを気にしてしまって、何も手につかなくなってしまうからなんですよね。

なので一人で仕事をしているのが一番、気が楽で良いのです。

どこかの会社に復職したとしても、周りの人間が気になりすぎてキョロキョロと挙動不審になってしまい、苦しみが増えるだけでしょう。

周りと同じじゃないといけない、と考えていた時期は、嫌々ながら会社勤めをして、苦しんでいましたが、うつ病の人間にはうつ病の働き方があるのです。

外に出て苦しまなければならないという考えが根付いていたのですが、最近はそれを取り去ることができましたね。

この苦しまなければならない考えは父親からの影響が強いと思います。

父親は発達障害があって職場でうまくいかず、家で悪口ばかり言っている不幸な人なのですが、彼は苦しむことこそが生きがいだと思っている可哀そうな人なんです。

私も彼の影響を色濃く受けていたので、ついこの前まで好きなことで生きている人に対して否定的でした。

しかし上京して家族から離れ続けると、父親の異常生に気付いて、自分の考えを変えることができましたね。

本当に父親から離れてよかったとつくづく思います。

もし「うつ病」の方で実家におられて、親にストレスが溜まっている方がおられれば、すぐに家を出ることを勧めます。

そのような家庭環境がうつ病を作り上げていると言っても過言ではないのですから。