お金がないことがきっかけでうつ病になることはあるのでしょうか?

会社を退職して無職になったらお金の不安が増幅してしまってうつ状態になってしまったことがあります。

無職になった時に起こる不安の私なりの対処法を紹介したいと思います。

視野を広げれば無職でも落ち込まずに過ごすことができますよ。

お金がないとうつ病になる?

お金がない状態は切羽詰まったような心の状態になり、非常に苦しいものですよね。

ずっとお金がなければ、ずっとそのような精神状態になり続けなければならないことになり、精神衛生上かなり悪いものになります。

働いても働いてもお金が増えなければ、ノイローゼになってしまって、それがきっかけでうつ病を発症する人もいるでしょう。

働いていても貧困に苦しんでいる人も多い現代社会ですが、仕事をしている人は、まだ心の安定感はあるのかもしれません。

仕事をしていても貧困であうような人間が、無職になってしまうと、その精神状態は途端に崩壊へと向かってしまう可能性があります。

スポンサーリンク



無職でお金の不安が増幅する

私は外で働いていた時はずっと低所得者で、毎月2万円を貯金するのがやっとの生活でした。

仕事も底辺職のようなものばかりやってきて、職場に嫌気が差していたので、会社を退職して無職になったんですよね。

正社員でも日々の生活がやっとの人間が無職になんてなったら、毎月の生活費を払うお金がなくなり、一気に不安が増幅してしました。

普通は無職になりたては、毎日の仕事からの解放感から、楽しいと感じるはずですが、お金が圧倒的に足りなければそんな楽しむ余裕すらなくなるのです。

無職になっても不安に潰されない方法

無職になって不安に潰されそうになりましたが、私はそこから就職するという選択肢を捨てて自営業で食べていくことにしました。

自営業ならば低所得者から脱出できる可能性があると思ったからです。

コツコツと地道に勉強して、自分なりにひたらすら努力をし続けましたね。

もちろんお金がなくなるので楽なバイトをしたり、クレジットカードのリボ払いで一時的に借金をして生活をしました。

プライドを捨てて地道な努力を

正社員の時は家賃6.5万円のマンションに住んでいましたが、これを4.5万のマンションに引っ越しました。

また普通に借金をしたりもしてましたね。

マンションのグレードを下げたり、借金をしたり、バイトをするのはプライドの高かった私には辛かったですが、プライドなんて捨てて利益をとっていくべきです。

自営業を始めて半年後には利益が20万円を超えて、正社員の頃よりも稼げるようになりましたからね。

もちろん事業を自分で始めるのならば勝算があることをやらなければなりません。

私は絶対に稼げる自信があったからこそ、借金をすることができましたからね。

無職になったら私のように悲観的になる人間がいる一方で、お金がなくても楽観的になって希望に満ち溢れたような心になる人もおられます。

ポジティブな人間は無職になっても後者のように明るくなれるので、うつ病とは無縁で何事もうまくいきやすいのです。

これは性格の問題なのですが、マイナス思考を捨ててポジティブに生きることは、余計な不安を増幅させないコツなのでしょう。

私も自営業を始めた時はこのプラス思考の考えに切り替えて、マイナス思考を捨て去りました。

こういう思考によってうつや不安が発生していることに気づけば、不安を消し去ることができるのです。

スポンサーリンク



実家に帰るという選択肢は捨てろ

無職になって家賃が払えなくなったら実家に帰る人もいるかもしれませんが、絶対にやめたほうがいいです。

大人になったのならば実家とは距離をおくべきです。

親は子供のことが心配なので、うつ病の子供を過保護に扱ってしまい、無職である状態に対しての危機感が薄れてしまう可能性があります。

お金を稼がなくても飯が食えるような環境では、努力もすることができずに無気力な人間になってしまうでしょう。

無職で実家にいる状態は近所の目も気になるでしょうし、家にこもっていたくなり、引きこもりになってしまうかもしれません。

無職であるだけでもヤバイのに、引きこもりになんてなったら二度と社会復帰できなくなってしまいますよ。

私は実家にはほとんど帰りませんし、連絡すらほとんどしません。

大人になったのならばいい加減に親離れして一人で生きていく力を付けるべきです。