うつ病のストレスが限界に達してしまい学校や会社から逃げてしまうことがあります。

学校をいきなり休んだり早退したりしたことは何度もありましたね。

会社を休職したり、バイトを連絡もせずに辞めたことだってありました。

うつ病の不安感の限界点は突然やってきて、「逃げる」という単純行動で精神を守ろうとするのです。

うつ病のストレスが限界に達する時

うつ病のストレスは慢性的にあるものなのですが、突然に限界レベルまで追い込まれてしまうことがあります。

無気力になり「人生がどうでも良い」とうなだれることもあれば、怒りと悲しみのせいで情緒不安定になってしまうこともあるのです。

前者の状態は、身体を動かす気力もなくなり部屋の中でぼーっと過ごすのですが、後者は怒りのあまり物に当たったり部屋の壁を蹴ったり叩いたりしてしまいます。

うつ病が限界に達した時に、冷静な時には考えられないような行動を起こしてしまったりするので危ないんですよね。

スポンサーリンク



学校や会社から逃げる

うつ病の原因が学校や会社にあったので、私はうつ病が悪化して限界になると学校や会社から逃げて精神を保つようにしていました。

学校や会社のような密な人間関係が苦手で、うんざりしてしまうんですよね。

私は発達障害があるので、そのような人間関係に問題を抱えてしまいがちで、ストレスが健常者の何倍もかかってしまうのです。

学校や会社のような組織の中でトラブルを起こしてしまって、いつも「変な人」という目で見られてきました。

いわゆるチームの輪を乱す人間だったんですよね。

そういう人間は馬鹿にされたり見下されたりと、かなり厳しい扱いを受けるので、うつ病を併発してしまう可能性も高いのです。

そしてそのストレスが限界に達すると、学校を休んだり会社を辞めたりして逃げてしまうのです

学校を休んだりサボったり…

高校の時もうつ病の傾向はありましたが、そこまで重度ではありませんでした。

というのもかなりゆるい学校だったので、早退や休んだりしても、問題のないような学校だったのです。

普通の公立高校だったので、不良が集まっているような学校ではありませんでしたが、自由をモットーにしている学校だったので、休んだりサボったりしてもあまり怒られなかったんですよね。

この制度のお陰で、嫌な授業から逃げることができてかなり精神的に楽になりましたね。

授業が嫌というよりも、授業中の人間関係が嫌だったんですけどね。

会社を休職してそのまま辞めたことも

学校は仕事ではないので人間関係のみを考えておけばいいのですが、仕事だと人間関係に加えて「仕事のストレス」もあり、この2つが複合的に絡みあうことで、うつ病の症状を悪化させてしまいました。

また学校のように3年や4年のような明確な期限がないのも、ノイローゼになってしまう要因なんですよね。

期限が決まっているのならば、そこまでは耐えることができますが、期限がない会社員だと、終わりがないように思えてしまいストレスが段違いなのです。

このような条件のせいで、会社員になってからうつ病が酷くなり、とある朝に限界に達して、仮病の報告をして休んだりしましたね。

仮病で休職をしてそのまま退職したことさえあります。

スポンサーリンク



バイトを3日目でバックレる

アルバイトを3日間でバックレたこともありますね。

うつ病の時にとりあえず働かなければならないと思ってアルバイトに応募したのですが、あまりにも激務でうつ病が悪化してしまったので、連絡もせずに辞めてしまったことがあります。

うつ病の不安の限界は突発的に

うつ病の不安の限界は突発的に訪れて、会社を休んだり辞めたりしようとしてしまうのです。

1週間前まで会社を退職するつもりなんて全くなかったのに、いきなり退職していることさえあるんですよね。

自分の不安の限界を把握できないほど追い詰められてしまっていたのかもしれませんね。