うつ病と神経症でここ最近はかなりノイローゼ状態になっています。

仕事のやる気が全然出なくて眠いんですよね。

なぜこんな状態になってしまったのかお話します。

常に頭の中がモヤモヤしている原因がわかりましたよ。

うつ病と神経症に苦しむ

うつ病と神経症の2つの症状が私を苦しめています。

いつも落ち込んでいて明るい気持ちになれずふさぎ込んでしまい、前を向いて歩くのすらきつくてうつ向くことが増えています。

自信がないので神経症にもなり、細かすぎて誰も考えないようなことまで考えてしまったりもしますね。

手に石鹸が付いたままではないか、と怖くなって何度も洗いに行ったりします。

薬の飲み忘れがないか寝る前にしつこく確認したりもします。

うつ病で落ち込んでいるだけで辛いのに、神経症で行動まで制限されたら最悪です。

スポンサーリンク



毎日がノイローゼで辛い

毎日気分がノイローゼで、生きている意味が分かりません。

仕事しかしていないので毎日が全く楽しくなく、心が荒んでしまっているんですよね。

低所得者で劣等感があり、だからこそ人と関わるとトラウマが増えてしまうので、一人っきりで生活するようにしています。

その一人ぼっちの生活こそ自分の頭をおかしくしてしまっているのにも関わらず…。

仕事のやる気が出ない理由は

仕事のやる気が出ない理由は、仕事がうまく行っていないからです。

仕事の成果が出ておらず、自分の毎日やっている業務が無意味のように思えてしまうんですよね。

それでも頑張り続けるのですが、嫌なことをやり続けているので脳が苦しくて、頭がモヤモヤしてしまいます。

頭の苦しさは仕事がずっとうまく行かず、それが長期間続いているせいなのです。

毎日仕事をしてるのに、何も変わらなければやる気なんて起こりません。

無機質な意味のない作業をしていると眠くもなってきますからね。

売上が上がらないから辛い

結局のところ金がないから辛いのです。

売上がなく金がなく、だからこそ何もできないのです。

家で金にならない仕事をし続けていて、その仕事が好きでもないからこそ、やりがいを見つけることができません

なんの為にこんな作業をしなければならないのか、いつになったら自分の努力が成果になるのか、こんなことを考えながらも手を動かしています。

何もできない毎日に頭がモヤモヤ

やらなければならない仕事はたくさんあって、お金もないからこそ、家でパソコンを打ち続けなければなりません。

街に行ってのんびりカフェ過ごしたり、電車に乗って旅行に行ったりすることも無理です。

地元に帰りたくても、新幹線に乗る費用がありません。

こいう全てを制限された状況にあるからこそ、そんな毎日に頭が苦しくなってしまって、つねにモヤモヤと霧がかったような気分になってしまうのです。

頭の中にまるで霧があるかのように霞んだ世界にいて、自分が生きていてこの世にいるのかどうかさえ分からなくなるときもあります。

スポンサーリンク



日本人は働きすぎなのか

ヨーロッパの人達は休みが多く、日本人のように過労が問題になることは少ないみたいです。

日本人にうつ病が多いのは、「働かない=悪」というのが社会全体の常識になってしまっているからではないでしょうか?

ヨーロッパのようにのんびりしたら、絶対にうつ病の人は減ると思うのですが…

そもそも自分は働く為に生まれてきた訳ではありませんからね。

人生を悔いなく生きるのならば、もっと自由に遊んで生きていきたいものです。

こんな追われるように生活して、そのまま50歳60歳になるのだけは嫌ですね。

ただアジアは周辺を見ても勤勉な国が多いので、私達だけがのんびりなる事はできないのかもしれないですね。

経済は競争ですから、やっぱりみんなが働いて、日本経済を活性化させなければなりませんからね。

しかし経済発展させることが私達が生まれた意味なのでしょうか?

国なんて関係なく自分という人間が生まれた理由は毎日を楽しむ為なのではないでしょうか?

生きているという奇跡を噛み締めて、毎日を有難く生きる、それこそが我々人間がすべき事であり、働く為だけに生きるなんてまっぴらごめんです。

これ以上世の中って便利になる必要なんてありますか?

もう十分便利でしょう。

先祖代々ずっと文明の発展のリレーを我々人類はしてきた訳ですが、まだ走らなければならないのでしょうか…

もうこんなもんでいいんじゃないでしょうか。

便利になったからこそ遊ぶべきなのに便利になればなるほど忙しくなる世の中は矛盾しています。

我々は何の為に便利を発明してるのでしょうか?