私は2年ほど前から在宅ワークで生計を立てているのですが、この仕事を始めてからうつ病が悪化してしまいました。

一人で家の中で引きこもってやる仕事なので、ずっと続けていると喋り方を忘れてしまって、コミュ障になってしまいます。

会社員のように外で仕事をしていた時は、コミュ障ではなかったので、普通に会話ができたのですが…

コミュ障になると人と会話するのが嫌になって閉じこもりがちになってしまい、更に社会不適合者になってしまうんですよね。

在宅ワークでうつ病が悪化

私はプログラマーやライターの仕事をしているのですが、基本的には在宅なので家の中で仕事をして誰かと会ったりすることはない仕事なんですよね。

会社員の方はこのような職業を羨ましいと思うかもしれませんが、365日ずっと家の中で仕事をしなければならないんですよ?

1ヶ月だけなら楽しいかもしれませんが、ずっとやるとなると、それなりに根気がいりますし、自己管理もできなければなりません。

家の中にいることがほとんどなので、外に出るのが面倒になり引きこもりがちになってしまうと、本当に引きこもりになる危険性までありますからね。

パソコンに向かって仕事をしていますので、無職引きこもりとは違いますが、もし収入がなければただの無職引きこもりと同じ環境なのです。

スポンサーリンク



家に引きこもるとコミュ障になる

家に引きこもっていると外にいる時間が極端に少なくなりますが、これはコミュ障になってしまう要因となるんですよね。

本来は人間は移動式の住居に住んでいて、常に誰かと関わりながら生きていたのですが、在宅ワークはその人間の本能に反した生き方です。

在宅ワークで友達も少なく一人暮らしならば、誰とも喋らない期間が続いてしまって、喋り方や会話中の表情や仕草を忘れてしまい、コミュ障となってしまうのです。

在宅ワークは社会に参加していない

在宅ワークは厳密に言えば仕事をしているので社会に参加してはいるのですが、家に引きこもっているだけなので物理的には社会に接していないことになります。

会社員だと組織に所属して働けますし、他の社員と会話をすることにもなります。

これらは何気ないことですが、人間の精神の健康にとっては欠かせないものなのです。

会社員だった時に戻りたい

私は在宅ワークを始める前は会社員だったのですが、当時はストレスこそたくさんありましたが、精神的には在宅ワークの今よりは健康だったのかと思います。

何よりうつ病が会社員時代の方が遥かに軽度でしたからね。

正直に言って、当時の嫌だった会社に戻りたいとさえ思ってしまうことがあります。

会社が嫌過ぎて、自由に憧れて在宅ワークを始めたのに、再び同じ嫌だった会社に就職したいと願うなんて、自分でも意味が分かりませんね。

スポンサーリンク



引きこもってコミュ障になると負の連鎖が始まる

仕事をしていても引きこもっていれば、コミュ障になることは避けられませんが、コミュ障になると更に負の連鎖が続いてしまいます。

というのもコミュ障になり始まると、更に引きこもりがちになってしまうんですよね。

コミュ障になる前は、気晴らしにレストランに行ったり、地元に戻ったりできるのですが、コミュ障になってしまうとレストランに行けなくなりますし、地元に戻っても友達と喋れなくなります。

あらゆることが怖くなってしまって、家という安全地帯にできるだけ長くいたいと思ってしまうのです。

こうなると更に更にコミュ障になってしまって、もう外で働くことは難しくなりますね。

前の会社にも戻ろうにも面接で喋れないので落ちる可能性が高いです。

在宅ワークは誰かと喋る機会を常に持っておかないと私のように引きこもりになりうつ病になってしまうかもしれませんよ。