うつ病の症状の日内変動が激しいと私は実感しています。

朝はかなり軽度なのですが、夜は本当に嫌なことや暗いことばかり考えてしまうんですよね。

この記事を書いている現在も夜中なのですが、恐怖心が強くて怯えるように記事を書いています。

夕方から落ち着きがなくなりパニックになりやすくなるんですよね…。

うつ病の日内変動が激しすぎる

うつ病の日内変動について私は強く実感をしております。

午前中は楽で午後〜夜にかけて段々とうつ病の症状が強くなっていってしまいます。

夜は本当に無気力になってしまいがちで、部屋から出れなくなることも珍しくないんですよね。

「もう俺の人生は終わりだ」「絶望だらけだ」という気持ちになってしまい、そのまま眠るのですが、翌朝は別人のように昨晩の悩みがなくなっているのです。

太陽によって私のうつ病の症状は大きくコントロールされてしまっている状態です。

スポンサーリンク



夜は嫉妬と憎しみの思考ばかり

夜は嫉妬や憎しみで頭の中が支配されてしまって、復讐心のような感情が常に起こっています。

自身の劣等感が強いので、復習したいという感情が強くなってしまって、いきなり叫んだり、ブツブツと呟いたりするんですよね。

「なんで俺は大学行ってないねん!」「俺を馬鹿にしたことを後悔させてやるからな」「黙れ!!」などを言いまくってしまうほど追い詰められているんですよね。

夜は外に出るのも恐ろしい

うつ病の症状が酷すぎると夜は外に出ることもできなくなってしまいます。

外に出て誰かに遭遇したり、変な人がいそうで怖いのです。

もしかしたらマンションの扉の前に誰かがいて、襲いかかられるのではないかというような恐怖が潜在的にあるんですよね。

生きている事が申し訳ないので、常に悪いことをしているような気分で、いつか天罰が下るのではないかと思ってしまっているのです。

こういう感情が夜に強くなるので、ビクビクしながら生活しています。

夕方からパニックっぽくなる

午後から気分が落ち込み始めるのですが、夕方は既に夜の精神状態と変わらないレベルになってしまっています。

夕方5時半ごろには外に出るのが嫌になってしまって、その時間から引きこもり始めることも多いのです。

外に出たらパニックになりやすいので、馬鹿にされたくないので、できるだけ食事も出前やコンビニで済ますことが多いです。

出前ならば一歩も外に出なくて良いので、最近は多用しています。

配達員の方が家の前まできてくれますが、クレジットカードで決済が終わっているので、商品を受け取るだけで良いので楽なんです。

店員さんは悪いことをしないので、普通に外に出て商品をもらうことができます。

スポンサーリンク



夜は生きているだけで苦しいのはなぜ?

この記事を書いている現在は深夜の2時過ぎです。

この時間帯は精神的にやばくて記事を書いている今もナイーブな気持ちなんですよね。

悲しみの世界の中から記事を書いているのですが、私はしっかり文章を書けているのでしょうか。

ただブログを書けば、自分の悩みを出すことができるので、かなり精神的に楽になっています。

久しぶりにブログを書かない日々を過ごしていたら、やたらとイライラしてしまってストレスが溜まったんですよね。

もしかしたらこのブログを書いているのは、誰かに喋っているような感覚になっていて、悩みを吐き出す場所になっているのでしょうか?

もしそうならば、うつ病の人はブログを書くと精神を安定させられるのかもしれませんね。

しかし夜中はブログを書いてもうつ病の症状は強いので、早く寝てしまって朝を迎えるのがいいですね。

ずっと朝のような精神状態なら、私はもっと明るい人間になれそうなんですがね…。

日内変動については最近気づいたところなので、意外に知られていないのかもしれないですね。

朝の方が元気が出るのならば、早起きするように習慣づけるだけでも、うつ病の軽減に繋がりそうですからね。