私はうつ病がありますが、元来メンタルが弱く、それが原因でうつになっているように感じます。

すぐに傷つきやすくトラウマになってしまうので、小さな失敗にとらわれてしまいやすいんですよね。

劣等感だらけの人生を変えるには社会的に成功するしかないのではないかと思って家で仕事をしています。

お金を稼ぐことができれば弱い心も鍛えられるのではないのかと考えているんですよね。

うつ病の原因はメンタルの弱さ?

私は眼の持病になってから心を打たれまくってうつ病になってしまいましたが、同じ持病を持っていても元気で生きている人もいるでしょう。

自分だけが眼の病気になって不幸のどん底だ…と考え込んでしまうのがメンタルが弱いんですよね。

明るい人なら持病があっても笑顔で生きれる人もいるでしょうから。

元々ストレスに弱くて、ちょっとした変化にも弱いところがありました。

適応力が極端に低いので、他の人が平気なことでも私にとっては生活を揺るがすほどのことになってしまうのです。

この眼の病気も耐えれる人には耐えれるのでしょうが、私には耐えられず生活を揺るがし、人生までも揺るがしてしまっているのです。

またメンタルの弱さは対人関係や仕事でも起こります。

他人の何気ない言葉にすぐに傷つき考え込んでしまいます。

仕事でも小さな失敗で一気に謝罪感が強くなり、申し訳ない気持ちで顔がこわばってしまうのです。

すぐに傷つきやすくトラウマに

小さなことでも適応できずひたすら傷つくので、些細な事が私の中で大きく引っかかるトラウマになってしまいます。

グルグルと頭の中で後悔や妬みでいっぱいになってしまうんですよね。

何年も前の事がいまだにイライラしてしまったりして、ムカついてしまうのです。

このようの器の小さいメンタルの弱い人間だからこそ、うつ病になってしまったのでしょう。

スポンサーリンク



劣等感だらけの人生を変えたい

うつ病になってしまってから無気力になって何をする気力も起こりません。

何かをしようとしても眼の持病のせいで、頑張ることすらままならず、無気力感を加速化させてしまうのです。

ですがまだこれからの人生何かがあるはずだ。

頑張れば何かの希望が待っていて人生を楽しめる時が来るはずだ。

そういう考えも自分の根底にはあるのです。

なのでどうにかして働いて成功したいという欲求が生まれるのです。

お金を稼げば自信と心の安定が得られるはず

お金さえ稼いで高所得者になれば世界の見える景色も変わってくるはずだ。

この劣等感も高所得者になれば綺麗サッパリになくなって、余裕をもって生きれるはずだ。

だからこそ私は仕事をしてお金を稼ぐことで、成長したいと考えるようになったのです。

スポンサーリンク



優越感に浸りたい欲求を持って

劣等感を覆すには優越感を生み出すしかないと思っています。

社会的に成功して優越感に浸ることができれば、今ある苦しい現状が少しはよくなると信じていたいのです。

もうそれしか、すがるものが無いんですよね。

持病は治らないですし、これはある程度は諦めるしかありませんが、成功して幸せになれれば、ナイーブで暗い自分を変えられると思うんです。

そのために今は東京で一人暮らしをして家でずっと起業のための仕事をしています。

持病と戦いながら、うつ病と戦いながら、今まで何度も失敗をしましたがそれでも前を向くことにしました。

生きている限り諸行無常であり、時間は止まっているようで進んでいきます。

ずっとこの命があるわけではなく、時間は平等であり、みんなそれなりに苦しいこともあるはずです。

それに耐えれるか耐えれないか、しかないでしょう。

一人でずっと孤独だと不安障害も悪化しますし、うつ病の症状も強くなりますが、そこはセロトニンのサプリを飲んだりして耐え忍んでいますね。

やっぱり精神的に不安定になるのはセロトニンの関係性が強いとつくづく思いますね。