私は高卒なのですが、学歴コンプレックスのせいでうつ病になってしまいました。

大学に行けなかった理由についてお話すると共に、高卒の人生は終わっていることについても話していきます。

もしこのブログの訪問者様が大学に行ける年齢であるのならば、多少無理をしてでも大学を卒業して大卒になるべきです。

高卒で成功するなんてごく稀の話であり、ほとんどは底辺なのですから。

高卒の学歴コンプレックスでうつ病

私は高卒なのですが、学歴コンプレックスがひどく、これが私の劣等感を作り上げてしまっている根源なのです。

元々大学に行くつもりがなかった人間ならば、高卒であっても諦めがつくかもしれませんが、私は4年間も大学受験の浪人をしていたのに、大学に行っていないのです。

だからこそ、憧れていた大学生活を送れていない、という気持ちが自分の根底にあるので、悔しくて仕方がないんですよね。

街中の大学生を見かけると、高卒で苦しんでいる自分が馬鹿みたいになってきて、このままこの世界から消えてやろうかと思ってしまうこともあるぐらいです。

スポンサーリンク



大学に行けなかったのは優柔不断な性格

私が大学に行けなかったのは優柔不断な性格が原因の1つだと最近になって気づきました。

物事を決意することが苦手で、先延ばしにするのが常なのです。

決意を迫られると、悩みに悩んで決めあぐねてしまうんですよね。

大学受験の時も選択科目や志望校選びでこの優柔不断な性格が災いの元となってしまいました。

最初から科目が決まっているのならば、選択肢が絞られるから良いのです、自由に選べと言われると、選ぶことができないのが私の性格なのです。

まあこれは私の発達障害が根本の原因になっているんですけどね。

発達障害のせいで目移りしやすく、決断を先延ばしにしてしまうのです。

前頭葉が弱いんですよね…。

途中で眼の病気になって大学どころではなくなった

そして私は3浪の途中で眼の病気になってしまいました。

眼が全く開かなくなり、少しでも眼を使うと激痛が起こるという酷い状態でした。

この病気のせいで、まともに読書もできなくなり、雑誌や漫画すらも読めなくなりました。

大学受験なんてできる訳がなく、それから5年以上も治療を続けているんですよね。

今では読書もできるようになり、こうやってブログを書いたりして、インターネットを楽しむこともできるようになりました。

ただ大学に行くにはもう既に時が遅し…

自営業の仕事で手一杯で、大学に行く余裕が時間的にも金銭的にもありません。

若いって素晴らしいんですよね!

あの有り余った時間に大学ライフを楽しんでおくべきなのです。

20代ならば大学に行くべき

もしあなたが高卒で20代前半なら大学に行った方がいいでしょう。

高収入であったり、大きな夢があったりするのならば、高卒のままでもいいのですが、学歴コンプレックスがあって苦しいのならば大学に行くべきです。

私も今の事業が軌道に乗れば、自営業をしながら大学に行きたいという願望があります。

やっぱり大学に行って青春を謳歌したいのです。

この夢だけは達成したいと切望しております。

スポンサーリンク



高卒の人生はマジで底辺

高卒の人生を8年送ってきましたが、本当に底辺です。

もちろん高卒でも立派に生きておられる人もたくさんおられますが、やはり平均レベルが低すぎるんですよね。

大卒でもレベルの低い人はたくさんいます。

偏差値が低い大学出身ならば、高卒と変わらないような人もたくさんいます。

しかし中堅私大以上の学歴の人は、やはり高卒とは全然違いますね。

やっぱりそこそこの企業で働いていますし、人間的にまともな人が多いです。

彼らを見ていると、自分が如何に底辺なのか身に沁みて分かってしまいます。

なんでこんな人生になってしまったんだろう…

なんの為に小学生から塾に通っていたんだろう…

あんなに勉強を頑張ってきたのに馬鹿にされるという悔しい現実…

大卒になれればこのコンプレックスの沼から解放されるはずだ。