うつ病の原因の1つに加齢が挙げられることがあります。

私も年齢を重ねてきて、段々と自分の将来の事を考えてしまい悲観的になってしまいます。

私は身体中が病気で、学歴もなく、仕事も不安定で、未来が見えないんですよね

そのせいで20代後半になろうとしている現在、うつ病の症状が強くなってきています。

若い頃なら辛いことがあっても明るくなれたんですけどね…

うつ病の原因は加齢?

私はうつ病が最近、悪化してきている原因の1つが加齢だと思っています。

自分の年齢が30代に近づくにつれて、子供の頃に考えていた理想の将来に近づくのです。

しかし理想は大きく裏切られ、どうしようもない大人になっている自分という現実を叩きつけられ、酷く落ち込んでしまいます。

10代後半〜20代前半は、どんなに嫌なことがあっても、明るく生きていけました。

しかしもうこの年齢になってくると自分の限界を知り、将来がなんとなく見えてしまい、ため息しか出なくなってしまうのです。

スポンサーリンク



将来の事を考えると辛い

10代の頃は「自分は20代に覚醒するかも」という根拠のない希望がありました。

しかし20代半ばになって、全く覚醒できていない自分を見ると、これから先もずっと覚醒することなんてないんだ、という現実を悟ってしまうのです。

こんな馬鹿で頭のわるいまま年齢を重ねていかなければならないと考えると本当に辛いんですよね。

10代の頃のように時間がない

20代後半に差し掛かると、遊んでいるような時間が勿体なく感じられてしまいます。

仕事を沢山したり、勉強をしたり、自分の為になることをしなければならないと思ってしまうのです。

そのためにプライベートも充実することがなくなり、仕事と勉強の為だけに生きることになり、そういう生活がうつ病を加速させます。

病気が苦しくてうつ病

私は持病を複数患っているのですが、これらの症状が強くなると辛いのでうつ病が悪化します。

22歳〜26歳までに4つの持病を発症してしまったんですよね。

これらの症状が一気に襲いかかってくることもあって、本当に気が滅入ってしまいます。

学歴がなく仕事も不安定でうつ病

私は高卒で、学歴コンプレックスが強いです。

浪人を長年して大学に落ちまくって、結局大学に行けないまま病気療養者となりました。

大学に行くことだけを考えていたのに、その未来がなくなってしまったことによる絶望感が今もあり引きずってしまっています。

また高卒なので、就職しても給料の低い仕事しかなく、自営業をやっているのですが、収入が不安定です。

学歴コンプレックスと不安定な仕事、の2つが私のうつ病を慢性化させている原因なのです。

26歳で未来に絶望している

私は26歳でこれから20代後半に差し掛かる時なのですが、本当に未来に絶望し始めています。

今まで努力しかしてこなかったのに、何も実っていないことが辛いのです。

勉強をあれだけ長い期間やって結局大学に行けていません。

身体中が病気になりまくって、就職を制限されます。

目の病気なので、もう勉強すらも長時間できない身体になってしまいました。

頑張れば頑張るほど身体と精神がおかしくなっていき、私は破滅していくのです。

こんな人間なので、未来にもっと不幸が待っていそうで恐怖しかないのです。

スポンサーリンク



10代は根拠のない自信があって希望に満ちていたな

10代のときは、大学に落ちても病気になっても、未来に対する希望がありました。

どれだけ失敗しても「若さ」という根拠のない自信がそこにはあって、落ち込むよりもその希望が勝っていたんですよね。

しかし根拠のない自信は失われていき、不安だけが増幅していった結果、うつ病が悪化してしまっているのです。

若い時にこれだけ楽しくない人生なのだから、これから先はもっと楽しくない人生で、辛いことしか待っていないんだろうな…

こういう未来の絶望を考えると涙が出てきて、元気なんて湧いてこないのです。