引きこもりで無職ニートだった時は劣等感が強すぎるからかうつ病になってしまいました。

仕事をしていない自分が情けなくて外にも出る気持ちにもなりませんでした。

今は仕事をしていますが自営業なので、同じように引きこもりの生活でうつ病状態です。

やはり外で仕事をして社会参加することが治療になるという考え方もありますね。

仕事でうつ病になった人には向かない治療法かもしれませんが…。

引きこもりで無職ニートはうつ病になりやすい

引きこもりで無職ニートの人はうつ病になりやすい環境であることは間違いないでしょう。

家の中にずっといれば社会参加していない期間が続いてしまっておかしくなってきます。

また無職だと、自由に使えるお金が無い訳ですから、時間があっても何もできないのです。

お金があれば外に出て好きな物を買ったり、好きなものを食べたりできますが、お金がなければ外に出てもやることがありません。

他人が仕事をしていたり、店に入ったりしているのを見るだけで嫌な気持ちになりますからね。

スポンサーリンク



仕事をしていない劣等感で外に出る気にならない

私は18歳〜21歳まで引きこもりで無職でしたが、最後の2年間はほとんど家から出てませんでしたね。

大学に行っていない劣等感やずっと一人でいることの劣等感が噴出してしまい、もう外にでる気力すら起こらないのです。

何より働らきもせず家にいるという社会不参加が私の中での最大の劣等感でしたね。

バイトすらしたことがなくて、仕事に対する恐怖感が尋常ではありませんでしたからね。

怒られたくないですし、仕事ができないことでバカにされたくないという気持ちがあったので、社会から逃げ続けてきていたのです。

引きこもりだと余計なことを考える時間がある

引きこもりって事は家の中にずっといるわけですが、狭いワンルームのような自分の部屋にずっといるんですよね。

そんな狭い部屋にずっといてもやることなんてほとんどありません。

ゲームや漫画もリフレッシュでするから楽しい訳で、そればかりやっていても何も楽しくありません。

暇な時間で溢れてしまっているので、余計な雑念が浮かんでしまい、不安に感じてしまうことが多くなります。

強迫性障害も併発してしまっていたので、確認ばかりするようになり独り言を言いながら確認していましたね。

この時はもう外に出るのは無理でずっと家の中にいました。

社会参加で自信が出てくる

22歳の時にたまたま高校生の頃の同級生が家にきて、私の現状がまずいと思ったのか、外に遊びに行く予定をたててくれました。

何度か遊びに行ったことやお年玉が入ったことがきっかけで、外に出る機会が増えて以前よりも自信を取り戻すことができましたね。

ただ外を1時間散歩してラーメン屋に行くだけでしたが私にとっては大きな社会参加のきっかけでしたね。

お金がなければ時間があってもすることは限られてしまい息苦しく感じてしまうですよね。

その後にアルバイトの面接を受けて運良く私のような人間でも働けるぐらい暇なバイトを見つけてそこで自信を蓄えることができるようになりました。

バイトを始めて1年後には正社員として福祉系の職場に就職することができましたからね。

引きこもっていた頃からは考えられない進歩であり別人のように元気になりましたよ。

スポンサーリンク



無職よりも忙しい仕事の方が精神的には楽だ

介護福祉の仕事は予想外に忙しく、精神的に辛い仕事内容も多かったですが、それでも正社員ですのでそれなりに給料は入りますし、引きこもりだったときとは使えるお金が天と地の差、月とスッポンです。

引きこもり無職ニートだった時は1ヶ月に1000円しか使えませんでしたが、正社員になれば1ヶ月に17万ぐらい使える訳ですから、できることが山のようにあります。

私は忙しくても人間関係が良好な職場だったので、仕事自体にそこまで大きな悩みを持つことがなかったのが良かったですね。

人間関係が悪くてイジメも多い業界ですから、もしそういう職場だったら私は仕事をやめて再びうつ病になってしまっていた可能性もあるかもしれませんからね。

ブラックバイトやブラック企業はすぐに辞める

無職の人が働く時に考える悩みとして「採用されてもブラックだったらどうしよう…」という気持ちでしょう。

もしそういう職場に当たったのなら、バイトだったら即決で辞めていいと思いますね。

自分に合わない職場で、しかもイジメとかがあるような職場で得られるものなんてないでしょう。

そんな職場で働いてトラウマになってしまい再びうつ病になって引きこもることになったら、また多くの時間をロスしてしまうことになりますからね。

合わない企業は辞めて次の職場をポジティブに探していくべきです。

正社員ほど心の安定が得られるものはない

無職ひきこもりニートから見事立ち直った私ですが、正社員を2年間した後は退職して起業することにしたんです。

というのも高卒では得られる給料も限られていますし、やはり収入や学歴に対するコンプレックスがあったんです。

なので起業して見返したいということで家を事務所代わりにして事業を始めたんですよね。

最初は仕事をしながらだったのですが、やがて軌道に乗り、会社員並に稼げるようになったので退職しました。

しかしその後業績が一気に悪化してしまい、そこから引きこもりながら仕事をしていたら再びうつ病と強迫性障害を再発してしまいました。

今は家で引きこもって仕事をしていますが、やはり外に出て仕事をする、というのが最大の精神安定剤になるようです。

正社員として働いている時の心の安定は半端ないですよ。

あれほど精神安定剤になるものはありません。