独身で一人暮らしは、気を抜くとうつ病になりやすいと思います。

特に年齢を重ねてくると周りは結婚し始めますし、一人ぼっちでご飯を食べていたら泣きそうになりますよね。

若い時は一人の方がいいのかもしれませんが、40代や50代以上になって一人ぼっちだと寂しいでしょう。

私は20代ですが、一人ぼっちで家でいることがほとんどで孤独で挫けそうになってしまっていますからね。

独身で一人暮らしはうつ病になりやすい?

独身で一人暮らしだと、基本的には一人ぼっちの時間が実家時代よりも増えてしまいますよね。

一人が好きな人ならば苦痛に感じないと思うかもしれません。

しかしそれはたまには一人でいることが好きなだけでずっと一人ぼっちが好きな人なんていないはずです。

ずっと引きこもって誰とも関わっていない人が、その生活が楽しくて人生を謳歌しているとは思うことができないでしょう。

私も一人好きなので、一人暮らしを始めてから楽しかったのですが、ずっと孤独な状態が続くとおかしくなってきますね。

特に私はフリーランスに転身したので、そこから更に孤独が増してしまって、つらい気持ちが強くなっていきました。

一人でいる時間は、稀にあるから良いのであって、ずっと一人だと何の想い出もない時間が過ぎていくだけです。

友達がたくさんいたり、彼女や彼氏がいれば、うつ病になるのを回避できるかもしれませんが、そんな充実した人ばかりではないですよね?

スポンサーリンク



年齢を重ねると独身が辛くなる

私は現在は26歳なのですが、最近になって独身でいることが辛くなってきました。

20代前半の時は、周りもほとんどが独身ですから、独身でいることが当たり前でしたが、26歳ぐらいから周りが結婚しだしたんですよね。

おそらく20代後半から30代前半ぐらいまでは結婚ラッシュが続くと思うのですが、その時に私は結婚もできそうにないですし、その前に彼女すらできそうにないです。

周りが前に進んで行くのに私だけ取り残されて情けないような気持ちになります。

一人暮らしが長いと家族の温かみを忘れる

一人暮らしで友達も少なく、彼女もいないと、ずっと一人ぼっちなので、家族の温かみのような感覚を忘れてしまいます。

家族でリビングでテーブルを囲んで食事をしていた頃が自分にもあって、それが遥か遠く昔だと思うと泣けてきますね。

もう随分と実家には帰っていないですし、ずっと食事は一人でぼーっと自分の部屋の中で食べるだけです。

たまに外食しますが、もちろん一人なので、静かに一人でただ食べるだけです。

たまに食事中に悲しすぎて泣きそうになりますが、最近はもぬけの殻のようにぼーっとうつ状態で食事を終わらすだけです。

もう泣く気力さえもなくなってきてしまっているんですよね。

20代で独身一人暮らしでもうつ病になるのに…

20代の私でも独身一人暮らしの状態でうつ病になるのですから、30代や40代になると更にナイーブになってしまうのではないでしょうか?

50代で今と同じ現状だったら、自分がどんな姿で生活しているのか想像するだけで恐ろしいですね。

うつ病の症状が更に悪化していて、本当に生きているのかさえ怪しいぐらいです。

20代で精神も身体もボロボロなのに、50代ではもっとボロボロになっているはずですよね?

20代の今でさえ全く自信がなくってコミュ障で引きこもりがちの人間が、50代になったら完全に終わった人になっているでしょうね。

そもそも年齢を重ねれば結婚できる可能性も少なくなっていきますよね。

20代で全くモテず、まともに恋愛したことがない人間が40代から婚活をしたところで、無駄に終わってしまうことでしょう。

結婚できる気配がゼロのまま人生が進んでいってしまっています。

スポンサーリンク



20代で友達ができない人間が60歳で友達を作れるのか?

若い内こそコミュニケーションをしっかりと取って、友達などの交友関係を広げておいたほうがいいでしょう。

60歳から友達を作ることもできるかもしれませんが、20代で友達を作るほうが遥かに簡単で楽ですよね。

ただ私は20代の現在でさえも満足に友達が作れないのに、60歳になって友達なんて作れるのでしょうか?

今が人生の旬であるはずなのに、何もできない人間が60歳になったらもっと何もできないような奴になっているでしょう。