うつ病で不安が強いと、その不安に耐えきれずに電話で誰かに悩みをぶつけたくなってしまいます。

電話をして不安を解消することが癖になると本当に電話依存になってしまうんですよね。

頻繁にしつこいぐらいに電話を発信してしまうので、相手にとっては迷惑な話です。

うつ病で不安に耐えきれない

うつ病の人間なら分かると思いますが、不安感が強すぎて耐えきれないほど辛い日があって、自分の悩みを誰かに話したくなることがあるのです。

一人でいると潰れてしまいそうで、誰かと喋って全てを吐き出してしまいたいのです。

人生に絶望している時に、本当に耐えきれなくなって、泣いてしまったり、酷い時は叫んでしまうこともありますからね。

電話で不安を一時的に解消できる

うつ病の強いストレスや不安は、誰かと会話をすることで軽減されるように感じます。

腹を割って本音で喋れる相手がいると、自分の奥底にある悩みを伝えるだけで、不安感が大きく軽減されるのです。

小学生からの友人がいたのですが、いつも相談相手になってもらっていて、自分の悩みや意見を伝えていました。

1時間や2時間喋ったら、驚くほど不安が軽減されていて、電話をすることが、自分の悩みを解決してくれる方法なんだと理解していましたね。

スポンサーリンク



「電話をする⇒不安を解消」が癖になってしまう

ただ電話で不安を解消するのが癖になってしまって、不安を解消する手段が「電話をする」ことでしかなくなってしまいました。

つまり不安に耐える力を失ってしまって、すぐに電話をしようとするのです。

自分の悩みを聞いてもらうのは、こちらとしてはメリットがありますが、相手からすると迷惑な話です。

月に1回程度なら我慢できるかもしれませんが、私は3日に1回ペースで電話をかけていたので、相手もうんざりしていたことでしょうね。

電話をしないと生きていけないように…

頻繁に悩みを聞いてもらう電話をするようになると、電話をしないと不安が解消できない、電話依存症になってしまいます。

友達が悩みを聞いてくれるうちはいいですが、その友達に愛想を尽かされたらどうするのでしょうか?

相談相手がいなくなったら生きていけなくなりますよね?

電話で悩みを相談するというのは、不安を自分で解決する機会を奪ってしまうのです。

その結果、自分では何もできない人間になってしまい、他力本願の人間になってしまいます。

スポンサーリンク



孤独に慣れることが電話依存からの脱却だ

私はこの電話依存症から抜け出すことに成功しました。

相談相手だった友人とは今は全く連絡をとっていませんね。

友人が一度電話に出ない時期が2ヶ月ぐらいあったのですが、その期間に電話しないことに慣れてしまったのです。

電話をしない日々は最初は辛かったですが、自分で悩みと見つめ合う機会になって結果的に成長できたと思いますね。

悩みを相談するのは、一時的に安心を得ることができるのですが、対処療法でしかなく、根本的にその悩みが消える訳ではありません。

いいアドバイスをされたとしても、自分で考え出した答えではないですから、あてになりませんからね。

自分のことは自分にしか分かりませんから、他人のアドバイスは無意味なのです。

自分で考え行動するには、悩みを相談せずに孤独に慣れていくしかありませんよね。

私はフリーランスでずっと一人ぼっちですが、以前のように他人に依存しなくなったので、充実していると思っています。

一人でいると色々な思考を巡らせて、新たな気づきがたくさんあるんですよね。

悩みについても諦めがつきますからね…。

悩みの根本原因は基本的に人間関係ですから、孤独でいることこそが悩みを作らない方法なのです。

電話で相談することが無意味であることに早く気付かないと無駄な時間を過ごすことになりますよ?