うつ病の人はアルバイトはできるのでしょうか?

私はうつ病持ちですが、5つほどバイトをやった経験がありますので、その時の経験を体験談として紹介したいと思います。

私はアルバイトを通じて、対人恐怖症のリハビリができて、普通に暮らせるようになりましたからね。

ただコンビニとファーストフードのバイトは、リハビリにならず、うつ病が悪化してしまったので、バイト選びはかなり重要です。

うつ病持ちでもアルバイトできる?

うつ病持ちの人には無職の人も多いでしょうが、「本当に自分は働けるのか?」と自分自身に懐疑的になってしまっていませんか?

うつ病持ちでも、バイト先さえ間違わなければ、普通に働くことができます。

バイト選びは情報戦なので、しっかりと下調べが重要で、うつ病でも働ける職場を見極める必要があるのです。

安易に求人を選んでしまって、働き始めてから後悔してしまわないように、私なりにうつ病持ちにおすすめのバイトを紹介していきます。

スポンサーリンク



うつ病持ちがやった5つのバイト

まずは私がやったバイトを5つ紹介します。

  • コンビニ
  • ピザ
  • 個人経営のジム
  • ファーストフード
  • 介護(パート)

この5つのバイトをやったのですが、この中で楽だったのが、個人経営のスポーツジムです。

ここで私はうつ病が改善していき、会社員として転職することができましたからね。

ただ個人経営のスポーツジムなんてほとんどないので、探すのは困難でしょう。

しかし「個人経営」であれば、比較的どこも楽であると言われているので、個人経営のアルバイトを率先して探すのがおすすめです。

個人経営のアルバイトは緩い

個人経営の何が良いかって言ったら、あらゆる側面で「緩い」んですよね。

この「緩さ」はチェーン店では作り出せないものであり、個人経営ならではなのです。

例えばコンビニとかだと、日本全国の大規模展開しているコンビニの1店舗なので、ある程度の規律が求められますよね。

いくらオーナーが緩い人でも、規律を守る必要があるはずです。

しかし個人経営だと、規律もないので、めっちゃ気楽に働くことができるのです。

コンビニとファーストフードのバイトはきつい

コンビニやファーストフードなどのいわゆる全国チェーンは、規律が厳しいのでおすすめできません。

マニュアル化されたものをひたすら機械のようにこなしていく必要があり、そんなことをしていたらうつ病が悪化してしまいます。

またバイトで働いている人達も部活動や体育会系のようなノリの人が多い特徴があり、うつ病の人にはきつい部分があるのではないでしょうか?

あんな仕事をやるのは、他の人達に任せておいて、我々うつ病持ちは気楽なバイトでお金を稼ぐようにしましょう。

スポンサーリンク



気楽なバイトが一番良い

「楽なバイトをしていたら成長ができない」、と言う人がたまにおられますが、それは間違っています。

世の中のほとんどのバイトは、経験を積むことができるものは少なくて、誰でもできるものばかりなのです。

バイトはお金を稼ぐための手段でしかないので、同じ時給なら、気楽で楽しいバイトの方が良いに決まっているじゃないですか。

「厳しいバイトが人生の良い経験になる」なんて言っている人がいますが、レベルが低すぎますね。

きついバイトをしてクタクタになってしまって、学業に影響が出ている大学生とかがたまにいますが、そんなきついバイトなら辞めてしまって、学業に影響がないバイトを探すべきでしょう。

私が今大学生なら、楽なバイトをしながら、学業もしっかりやって、恋愛もやって、資格の勉強とかもしますね。

バイトごときに精神を奪われていては、せっかくの若い時間がもったいないですよ。

特にうつ病持ちならきついバイトで、症状が悪化してしまうかもしれませんから、楽なバイトが見つかるまで、根気よくバイト探しを続けるしかないですね。

私もスポーツジムの面接は4ついきまして、その中で一番楽そうなのを選んだら大正解だったのです。

なのでたくさん面接を受けてみて、その中で雰囲気が気楽そうなのを選びましょう。