私の同級生にうつ病で無職でニートの人間がいるのですが、甘ったれすぎていているんですよね。

理想論ばかりを述べて、何も行動をせずに、他人の悪口ばかりを言っているのです。

彼のうつ病は甘えの部分があるのですが、それを本人は全く自覚していませんね。

というより自分は被害者であるかのような発言ばかりで、話していてイライラしてしまいます。

同級生のうつ病の無職ニートの話

小学生からの同級生の友達がいるのですが、彼は20代後半にも関わらず、正社員経験がゼロで、ニートをしているんですよね。

現在はバイトすらしていなくて、ほとんどを家の中で過ごしているそうです。

彼は中学時代からネットばかりやっていて、現在も中学生の時と同じ部屋で、パソコンばかり触っているでしょう。

そんな彼は中学生の時からうつ病を発症しているそうで、大学に入ってから更に症状が顕著になってきました。

20歳の時に、深刻な顔で、うつ病を告白されたのは今でも覚えていますね。

彼は中学時代にイジメを受けていて、それがトラウマでうつ病になり、常に強迫性障害に悩まされ、無気力にならざるを得ないんだそうです。

なので彼は大学卒業してから、まともな仕事につかずに自分のうつ病の症状と戦っているんですよね。

ただ彼はうつ病や強迫性障害に苦しんでいるのに、何も対策を取らずに自力でなんとかしようとしているのです。

一度病院に連れていこうとしましたが、拒否されたんですよね。

自分の病状から目を逸して、先延ばしにし続けると、将来にどういう結果になるのか彼には分からないのでしょうか?

スポンサーリンク



口先だけで何も行動をしない

彼はあらゆる行動が遅い性格です。

できる人は行動が早いのが特徴ですよね?

彼はすぐにためらってしまって、未来に先延ばしをしてしまうのです。

自分の病気だけでなく、仕事や恋愛や遊びにおいても、ためらって先延ばしにしてチャンスを失っていくんですよね。

そしてチャンスを失ったあとに、彼はいつも後悔をして絶望感を感じてしまっているのです。

他人の悪口を自然と言ってしまう

彼は本当に不幸せなので、心に余裕がなくって、他人の悪いところばかり探す癖があります。

これは小学生の頃からあったのですが、ニートになってからより顕著になりましたね。

自分よりも不幸な人間を見て、馬鹿にしたりしているのです。

本当に救いようのない人ですよ。

損得感情のみで生きている

彼を不幸にしている1つの原因は、損得感情のみで生きているところでしょう。

口癖が「あいつは得している」ですからね。

損か得かでしか語れない人間であり、こんな人間といたら頭がおかしくなってしまいます。

スポンサーリンク



中学校のいじめを今も引きずり被害者気取り

彼は中学時代の部活でイジメられていた、被害者として今も恨んでいるのですが、いい加減に中学時代の話は終わりにしなければなりません。

15年も前の子供の時の事を未だに引きずって、その後の人生全てを無駄にするなんて、あまりにも滑稽じゃないですか。

この世はあらゆることが自己責任であり、他人のせいにしてはいけないのです。

いじめられた事すら、自己責任に落とし込めば、今後はイジメられないように対策を取れるのです。

他人のせいばかりにしていたら、自分の問題を直視することができずに、ずっと成長できないまま大人になってしまいます。

平和な現代だからこそ、いじめられて、被害者気取りでニートをやってられますが、これが100年前なら、ニートなんてできず、イジメた方が正義の世界だったのです。

イジメた方は罪悪感も感じず、いじめた過去すら忘れて、自由に生きてるのです。

イジメはいじめっ子が100%悪いです。

しかしイジメられた過去を振り返ってばかりて何も進展していないイジメられっ子は、それは本人が悪いです。

もっと辛いイジメの境遇に合っていても、それでもその過去を成長の糧にして生きている立派な人が世の中にたくさんいるのですから。

自分がうつ病だからこそ、うつ病の人間と縁を切る勇気

私もうつ病なので、うつ病である同級生とは縁を切るつもりがありませんでした。

しかし彼の性格の湾曲が激しさを増していて、自分の性格も歪みそうだったので、縁を切ることにしました。

うつ病の人間と縁を切ると、ナイーブな話をしないで済むので、暗くならずに済んで、自分のうつ病の悪化を防げます。